汗臭い臭いを気にする人は多いと思いますが、それにはやはり対策を講じることが大切です。

汗臭い服の解消法

汗臭い服の解消法

汗臭い臭いというのは、どうしても服に臭いがしみついてしまうのが大きな問題です。服に汗臭い臭いが残るのは、洗濯しても汚れが十分に落ちていないからです。その汗臭い臭いの元である皮脂や汗のたんぱく汚れが完全に落ちていないからです。新品の服やタオルなどは部屋干ししたとしても汗臭い臭いはしないでしょう。それはなぜかと言うと、皮脂の汚れや雑菌がいないから汗臭い臭いはしないのです。洗剤の臭いで脱臭するのではなく、新品の状態に近づければ汗臭い臭いはなくなります。汗をかいた時に発生する生乾きの汗臭い臭いというのも悩みの種でしょう。それを根本から解決するには、繊維の奥の汚れを落とすことが汗臭い対策になります。

汗臭い対策には、普通に洗濯後、粉末タイプの酸素系の漂白剤に浸け置きすることです。その際のポイントは、水ではなくお湯を使用すると有効な汗臭い対策になります。50度くらいの熱めのお湯を使用して、浸け置きすることで汗臭い臭いが解消されます。ぬるま湯ではなく、やけどしない程度の熱いくらいのお湯が汗臭い対策にはいいのです。汗臭い臭い対策としては、20分以上、できればお湯が冷めるまで浸けるのが大事です。その後に普通に洗濯しても良く、よくすすいで干しても汗臭い対策になります。洗濯時に酸素系の液体タイプのワイドハイターなどの漂白剤は汗臭い対策にお勧めです。そうすることで、汗臭い嫌な臭いにならずにすむメリットがあります。漂白剤と言っても色柄が落ちることはないので、安心して汗臭い対策に使用できます。

汗臭い対策での漂白剤の使用は、継続することで黄ばみ黒ずみが抑える効果があります。よりきれいで清潔な洗濯方法になるので、汗臭い対策と並行して行いましょう。ただ、その日1度だけ酸素系の漂白剤で洗っても汗臭い対策には効果は期待できません。それは蓄積された皮脂の汚れなどが落ちきらないから汗臭い臭いも落ちません。普段から毎日使用することで、皮脂の汚れや汗臭い臭いを防ぐことができるのです。柔軟剤などの香りも、汗臭い臭いを防止するにはより一層効果的です。洗濯機を回す時に、洗濯物をたくさん入れないことも汗臭い対策のポイントです。洗濯機の中で洗濯物と水が元気良回転する程度が汗臭い臭いには有効です。ギュウギュウになると汗臭い臭いが落ちきれず、柔軟剤が繊維の奥に行き渡りません。




a:2962 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析